住宅ローン審査と保証会社とは?

急な病気で仕事を続けられなくなってしまった。
事故にあい、お金が必要なので住宅ローンが払えない。
そんな時には、契約時に提示した保証人が、主債務者に代わって住宅ローンを払うことになります。
ですので、保証人をたてるときは万が一のことを考えて慎重にならなければいけません。
もしも連帯保証人がいない場合は、保証会社と契約をすることによって住宅ローンを組むことができます。
主債務者が払えなくなったときには保証会社が代わりに支払いをしてくれますが、その分積立をしたり後日返済しなくてはいけません。
連帯保証人をたてずに住宅ローンを組めるのはとても便利ですが、保証会社を選ぶときにも本当に信用できるところを選ばなくてはいけません。